プロミスの金利はどれくらい?今すぐシミュレーション可!

プロミスは三井住友フィナンシャルグループの子会社で、SMBCコンシューマーファイナンスが提供している消費者金融のサービスブランド名です。かつてのプロミスは独立した消費者金融でしたが、貸金業法の規制強化などの影響により貸金業の経営環境が悪化し、関係の深かった三井住友銀行系の三井住友フィナンシャルグループの傘下に入り、社名をSMBCコンシューマーファイナンスに社名変更し、また他の三井住友銀行と関係の深かった貸金業会社を集約した会社となっています。
このような背景からプロミスは、日本最大の消費者金融といえる存在でアコムと並んで消費者金融のリーディングカンパニーになっています。なお有人店舗数ではアコムやアイフルなどに負けますが、無人店舗を含めた総店舗数は1100店を超えており、また従業員数や貸付残高などからみても日本の消費者金融では最大規模となっています。
プロミスの金利は、年利4.5%から年利17.8%となっています。このうち上限金利の17.8%はほかの消費者金融が18%を設定しているのに対して、0.2%低く設定されています。また新規の借り入れを行う人を対象にして30日間無利息期間があるので、初回利用に限り、金利を低く抑えることが可能です。
なお、一般に消費者金融の多くが事業費を除いて用途自由としているのに対してプロミスでは、資金用途を個人の場合には生活費に限定しています。また個人事業主であれば生活費および事業費に限るとなっており、急な事業資金のつなぎとしても利用が可能です。

消費者金融の大手企業にはプロミスという名称を持った会社が運営されています。プロミスは全国的に有名な会社としても認知されているように、安心して利用することのできる消費者金融としても知られています。そんな中、利用を希望されている方の場合では、インターネットを利用することによって、わざわざ店舗に足を運ぶことなく手続きを行うことができます。申し込みから振込み依頼までをネット上で行うことが可能とされており、特に申し込みに関しては24時間いつでも行うことができるために、仕事上日中の時間帯に申し込みができない方であっても対応することができます。その一方で利用者の気になる部分として、借りたお金に対する金利という項目があります。大きな金利に設定されてしまっている場合では、返済することに不安を感じる方も多いものですが、現在ではプロミスは勿論のこと、法定を厳守していることになり、比較的低金利で利用できる環境にあります。実際に金利に関しては借りるお金の額面、そして返済するまでの日数によって計算されていることもあって、例えば給料前の短い期間で少ない金額を借りることを目的にしている方の場合では、非常に低金利で利用することのできる環境にあります。キャッシングを利用する場合では、必ず返済能力を見極めることが必要な項目とされているのですが、プロミスの場合ではそもそもが無理な借り入れを行うことができないシステムになっており、安心して利用することができます。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む

失敗しない!カードローン選びレッスン

申し込みに必要な情報を知りたい!

カードローン、キャッシングとは?


店頭だけじゃない!いろんな「申込方法」


返済方法選びで損しないために


メリットいろいろ♪少額借入で上手に借りる!


誰にもバレずに借りる方法ってある?


銀行vs消費者金融!おすすめはどっち?

リアル体験談!実際はどうやって借りたらいい?

カードローンで借りてみた実際にカードローンで借りてみた!

レイクやみずほ銀行など、口コミでも評判のいいカードローンを実際に利用してきました♪申込みや審査、融資から返済に至るまでの全工程をレポートします!


このページの先頭へ戻る