プロミスatmでの手数料を0にする賢い方法!

プロミスでお金を借りるときや返すとき、atmを利用するのが大変便利です。プロミスは三井住友銀行グループの消費者金融のため、三井住友銀行の設置しているatmを利用する場合は手数料がかかりません。コンビニatmを利用する場合は金額によって218円までの手数料が必要になります。
プロミスで借入をする場合、atmではなく振込みをして貰うことも可能です。提携しているネット銀行の口座があれば24時間即時振込をしてもらうことも可能ですが、その銀行以外の口座に振り込んでもらう場合は銀行営業時間まで待たなくてはなりません。銀行営業時間ないの申し込みは即時振込が反映されます。振込は手数料がかからないので、もし銀行口座から引き出すときに手数料がかからないのであれば、一度振り込んでもらってから出金するほうがお得です。また返済時はダイレクト決済を利用することができるので、対応している銀行口座を持っていれば手数料不要で支払いの完了もできます。
またプロミスにはatm手数料が一定期間無料になるポイントサービスもあります。所持しているポイントを利用してatm手数料を無料化することができるので、その期間内であれば繰り返し何度使っても手数料はかかりません。ただし金利が一定期間無料になるポイントサービスもあるので、できればそちらに利用したほうが得になるケースが多いでしょう。ポイントは収入証明の提出をしたり、プロミスから送られてくるメールを確認することで貯まっていきます。

銀行の預金を引き出す場合、利用する時間や曜日によっては時間外手数料がかかってしまうことがあります。時間外手数料は高くても216円程度ですが、それが繰り返し行われていくと結構な金額になってしまい、無駄な出費となることがあります。もちろんatm手数料の時間に利用することができれば良いのですが、仕事をしていたり用事があったりで手数料無料の時間に間に合わず、泣く泣く支払っていることはないでしょうか。
もしプロミスをはじめ消費者金融のカードローンを持っている場合、金額やタイミングによっては銀行から預金を引き出すのより少ないコストで現金を手にすることができる場合があります。例えば金曜日の夜に銀行から5万円を引き出す場合、手数料が216円かかったとします。プロミスからatm手数料無料で5万円借入をした場合、1日あたりの金利はおよそ年利18%の場合で24.6円となります。月曜日に銀行atm手数料の時間に引き出しをして返済をしたとき、4日間の借入となるため、合計100円ほどの利息が発生します。この時点で預金を引き出すよりも借入の利息のほうが半額に抑えられています。プロミスの金利は契約内容にもよりますが、18%以下になっているため、さらに低いコストで現金を手にすることも可能です。
このように利用するタイミングによっては預金の引き出しよりもお金を借りたほうが、最終的な支払いコストが少なく済むケースもあるのです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む

失敗しない!カードローン選びレッスン

申し込みに必要な情報を知りたい!

カードローン、キャッシングとは?


店頭だけじゃない!いろんな「申込方法」


返済方法選びで損しないために


メリットいろいろ♪少額借入で上手に借りる!


誰にもバレずに借りる方法ってある?


銀行vs消費者金融!おすすめはどっち?

リアル体験談!実際はどうやって借りたらいい?

カードローンで借りてみた実際にカードローンで借りてみた!

レイクやみずほ銀行など、口コミでも評判のいいカードローンを実際に利用してきました♪申込みや審査、融資から返済に至るまでの全工程をレポートします!


このページの先頭へ戻る