主婦がお金を借りるには※専業主婦がお金を借りる際の注意点

主婦向けのローンは多いですが、必ずお金を借りられるわけではありません。
ローンを利用するための最低条件は、返済能力があることなのです。
返済能力とは収入を得ていることであり、無職・無収入では返済できないので借りることはできません。
それゆえ、原則として専業主婦はお金を借りることはできず、お金を借りられるのは収入を得ている主婦となります。
パートなどで安定的に稼いでいる方であれば、総量規制の範囲内で借りることができます。

主婦がお金を借りるときは、自身の年収を性格に把握しておきましょう。
年収を3で割って端数を省いた金額が借入上限になると考えるといいです。
例えば、年収80万円の場合は、80を3で割ると26.7万円になりますので、借り入れできる上限は26万円となります。
ただし、実際には1万円単位の設定になることは少なく、このような場合では20万円を限度額とするケースが多いです。

総量規制の対象とならないローンには、銀行カードローンがあります。
こちらは年収80万円の方が、30万円などの高額融資を受けることも可能なのです。
銀行のローンには独自の審査基準があり、総量規制による縛りはありません。

無職の専業主婦の場合は、原則として借りることはできませんが、配偶者の収入を審査基準として融資してくれる銀行はあります。
主婦がお金を借りる場合においては、消費者金融よりも銀行のほうが利便性が高くなっています。
金利が低い、振込融資に対応してくれる、などのメリットもあります。

主婦という立場は日頃から何かとお金を使う機会の多いものです。特に家計のためにお金をやりくりしたり、その中からママ友どうしのお茶会や食事会の費用を捻出したり、ファッションや美容のためにコスメやエステ料金を工面したり、美容室に通う費用もなんとかしなければなりません。もしもこれらが不足するようであれば消費者金融などから手軽にお金を借りるとよいでしょう。

消費者金融ではカードローンやキャッシングといった手法を用いることで、たとえ主婦でも簡単にお金を借りることが可能です。かつてはこういった借り入れサービスはサラリーマンなどのある一家の働き頭をターゲットにするケースが多かったものの、最近ではネットショッピングなどもあって消費傾向が大きく多様化し、主婦が消費に占める割合は加速度的に大きくなってきています。それに伴って主婦がお金を借りる必要性も拡大し、こういった金融サービスも対象を拡げることで幅広く利便性を提供しているのです。

最近ではスマートフォンからでも手軽にネット申請を行うことができるので、仕事や家事で大忙しの主婦でも店舗窓口にまで出向くことなく簡単に申し込みが出来て、なおかつ即日審査、即日融資を手にすることが可能です。ただし、こういった借り入れサービスには総量規制の原則が適応されており、申請者の年収の3分の1までしか融資することができなくなっています。つまり、主婦が借り入れを行う際にもパートやバイトや内職などで何らかの収入を得ていることが求められます。これらの収入を証明する上でも申請の際には年収証明書や源泉徴収票などの用意を忘れないようにしなければなりません。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む

失敗しない!カードローン選びレッスン

申し込みに必要な情報を知りたい!

カードローン、キャッシングとは?


店頭だけじゃない!いろんな「申込方法」


返済方法選びで損しないために


メリットいろいろ♪少額借入で上手に借りる!


誰にもバレずに借りる方法ってある?


銀行vs消費者金融!おすすめはどっち?

リアル体験談!実際はどうやって借りたらいい?

カードローンで借りてみた実際にカードローンで借りてみた!

レイクやみずほ銀行など、口コミでも評判のいいカードローンを実際に利用してきました♪申込みや審査、融資から返済に至るまでの全工程をレポートします!


このページの先頭へ戻る