お金借りる!金利安い所をお探しなら必見!

お金を借りるなら金利は1%でも安いほうが有利です。
原則としてローン商品は、契約後に金利が上がることは通常ないです。
一部の変動タイプのローンなら、途中で金利が変わることはあるでしょう。
しかし、キャッシングやカードローンのほとんどは固定金利タイプを導入しています。
契約後に金利が上がることはないので、初回融資の段階でいかに安い金利で借りるかが勝負です。

お金を借りるとき、年率が高くて得することは何もありません。
年率は利息に影響してくるので、1%でも低く契約したほうが得です。
しかし、年率が高く設定されている会社と交渉をしても、大幅に引き下げてくれるケースはほぼないです。
それならば、最初から安い利率で借りられる金融機関を探すべきでしょう。

比較対象とする金融機関は、銀行や信用金庫、農協なども含めましょう。
キャッシングなどの多目的ローンを利用するとき、消費者金融同士で年率の比較をする方が多いですが、消費者金融の年率はどこも大差がありません。
銀行系は年率が低いですが、18.0%よりも少し低い程度です。
銀行や信用金庫などは、それよりもさらに数%も年率が低くなるため、確実に支払いは楽になります。
お金を借りるときは、無理なく返済できる計画を立てる必要があります。
そのためには、借りる金額を圧縮することも必要ですが、なるべく低い年率で借りることも重要です。
数万円の借入ならば、数%の金利差は些細なものですが、借入額が増えると大きな差となってきます。

お金を借りるときは、あらゆる金融機関を比較して金利の安いところを探しましょう。
今はインターネットを使えば、簡単に年率の比較ができる時代です。
意外と低利率で融資してくれる金融機関には、信用金庫、JAなどがあります。
非営利の金融機関という特性上、金利がかなり安く抑えられています。
さらに年率に幅を設けておらず、一律設定になっていることが多いです。
借入額に関係なく1種類の年率を用意しているローンは、利息計算がやりやすいのがメリットです。
審査に通過するまで年率がわからないローンだと、契約後に利息計算や返済計画を立てていく必要があります。
事前に金利を把握できることは、安全にお金を借りる上で非常に大切です。

金利の安い業者を探すときは、地元の金融機関も選択肢に入れましょう。
大手でお金を借りるのは無難ではありますが、確実に低金利とは限りません。
意外と地方銀行や信用金庫などが低利率で貸出をしているのです。
口座開設している金融機関のWebサイトを見て、ローン商品の取り扱いがないか調べておくといいです。

目的が決まっているなら、目的に応じたローンを利用するのがいいです。
自動車を購入する場合ならば、カードローンよりも自動車ローンを利用するべきです。
住宅ローン並の超低金利で融資してくれる会社も多く、5%未満の利率設定にしていることもあります。
カードローンは多目的に利用できますが、年率に関しては安いとは言えません。
用途に応じてローンを選ぶようにしましょう。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む

失敗しない!カードローン選びレッスン

申し込みに必要な情報を知りたい!

カードローン、キャッシングとは?


店頭だけじゃない!いろんな「申込方法」


返済方法選びで損しないために


メリットいろいろ♪少額借入で上手に借りる!


誰にもバレずに借りる方法ってある?


銀行vs消費者金融!おすすめはどっち?

リアル体験談!実際はどうやって借りたらいい?

カードローンで借りてみた実際にカードローンで借りてみた!

レイクやみずほ銀行など、口コミでも評判のいいカードローンを実際に利用してきました♪申込みや審査、融資から返済に至るまでの全工程をレポートします!


このページの先頭へ戻る