お金を借りるには【初めてのカードローン完全ガイド】

普通は、お金を借りる時には、思い浮かぶが消費者金融や銀行が一般的です。
また、クレジットカードのキャッシングなどもあります。
しかし、これらには利息がかかり短期間の場合には比較的低金利ですが、返済が長引くと高いものにかわります。
お金を必要とするときに、使用目的が教育などの場合は公的な貸付を受けることができます。
公的な貸付の場合は、借りる側の所得制限や保証人が必要なこともありますが返済期間が長くまた金利も低くなります。
まずは、このような公的な貸付を利用してから不足分を銀行などで借りると利息分をお得にすることができます。
お金は、借りるときは意外と今は、簡単に借りることができます。
また、借りるところも多く存在して、今はネットを利用して自宅から借りることも可能になっています。
しかし、誰もが忘れているのが借りたものは返済義務があるということです。
そして、それには予想以上の利息が加算されています。
そのために、お金を借りるにはまずは低金利のところから借りていきます。
大切なことは、つい気持ちが大きくなり余分に多く借りないことです。
これが、失敗することの原因となります。
借りるときには、必要最低限しか借りないことです。
公的な教育ローンは、必要な金額しか借りることができないので安心できます。
また、親が借りた場合、返済途中で死亡したときにはそれ以降の返済がなくなるものもあります。
賢く借りることが、今の時代には求められています。

お金を借りるには、消費者金融などでは、誰か保証人を立てるとか何か担保がないと借りることができません。これは、お金をもし回収できない時の保険みたいなものです。借りた人から回収できなければ、保証人のところへ取り立てがいくか、担保を取り上げられることになります。なので、お金を借りる人は連帯保証人になってくれる人に絶対に迷惑をかけてはいけないのですが、なかなかそうはいかないことが多いのです。お金を借りる人は、大抵生活が苦しいからで、借金をしたからと言って簡単には生活は楽にはなりません。借金をしてきちんと生活を立て直せる人ならば、問題なく返済できるでしょう。連帯保証人になる人は、依頼者がどんな人かを慎重に慎重に考えなければなりません。親の連帯保証人になって、親が借金を返せなくなってしまい、子供が代わりに帰しているという例は多々あります。その親はどこかに行方をくらませることが多いのです。肉親ですらそのようなことをするのに、他人であれば、なおさら危険です。なので、よほどのことが無い限り、連帯保証人にはならない方が無難です。お金を借りるには担保が必要ということは前述しましたが、担保は不動産じゃなければならないというところが多いです。不動産は逃げることがないので、借金が滞ってしまった場合でも、不動産を引き取ることによって、借金の返済に充てるのです。お金を借りるのはいいですが、必ず自分で返して、誰にも迷惑をかけないようにしなければなりません。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む

失敗しない!カードローン選びレッスン

申し込みに必要な情報を知りたい!

カードローン、キャッシングとは?


店頭だけじゃない!いろんな「申込方法」


返済方法選びで損しないために


メリットいろいろ♪少額借入で上手に借りる!


誰にもバレずに借りる方法ってある?


銀行vs消費者金融!おすすめはどっち?

リアル体験談!実際はどうやって借りたらいい?

カードローンで借りてみた実際にカードローンで借りてみた!

レイクやみずほ銀行など、口コミでも評判のいいカードローンを実際に利用してきました♪申込みや審査、融資から返済に至るまでの全工程をレポートします!


このページの先頭へ戻る