モビットの金利はいくら?Webで簡単シミュレーション!

キャッシングやカードローンを利用して、お金を借りるという場合には、例外を除いて返済する際に金利が発生します。つまり、借りた金額以上の金額を返済することになります。場合によっては、返済金額の半分程度が金利ということもあるほどです。返済しても元本はなかなか減りませんので、返済までの時間が長くなる可能性もあります。
そう言った意味でも、毎月いくら返済しているのか、そしてその金額の中の金利がいくらなのか、元本がいくらなのかを把握することが重要になります。
モビットに関しては、実質年率で4.8~18.0%です。この実質年率とは、1年間お金を借りた時に、いくらの利息が発生するのかを表したものです。
モビットの金利は、決した低いとは言えませんが、高いとも言えません。一般的な消費者金融業者と同等と言えます。
お金を借りる際には、消費者金融業者と銀行などの金融機関の2つがあります。モビットは、三井住友銀行グループのサービスではありますが、銀行カードローンではなく、消費者金融業者ですので、注意が必要です。消費者金融業者ですので、年収の3分の1以上の融資を受けることが出来ないという総量規制の対象となります。
お金を借りるという場合、適用される金利は、借入額により異なります。借りる金額が高くなればなるほど金利は低くなります。初めてお金を借りるという場合、ほとんどの場合は最初から多額のお金を借りることは出来ませんので、金利は高く設定されます。

モビットは三井住友銀行グループと書いてあるので、銀行カードローンであると勘違いしてしまう人がいますが、モビットは消費者金融のカードローンです。消費者金融のカードローンですので、金利は高めに設定されていて、モビットの金利は4.8~18.0%となっています。これを見ると、最低金利が4.8%なら低いじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、それは少し誤解があります。モビットでは最低金利の4.8%が設定されるのは最高限度額の500万円が設定された人だけです。しかも、消費者金融では総量規制があるので、最高限度額の500万円が設定されるためには、年収1500万円以上という条件を満たしていなければなりません。また、総量規制の条件を満たしていても、最初から高額な資金を借りられるケースは稀なので、多くの人は最初は限度額が50万円以下で、金利は最高の18%になると思います。限度額を上げるには、モビットを頻繁に利用して、きちんと返済をするということを繰り返して「この人はきちんと返済ができる」と、信用される必要があります。
モビットはよく「三井住友銀行グループ」と宣伝されていますが、「銀行グループ」であることと「銀行カードローン」では全く違います。銀行カードローンではないので金利も高め、総量規制の対象内であり、銀行ではなく消費者金融からの借り入れということになります。特に高額な資金を長期で借りる場合には金利は非常に重要になるので、しっかりと検討してから申し込みをするかどうかを決めるべきです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む

失敗しない!カードローン選びレッスン

申し込みに必要な情報を知りたい!

カードローン、キャッシングとは?


店頭だけじゃない!いろんな「申込方法」


返済方法選びで損しないために


メリットいろいろ♪少額借入で上手に借りる!


誰にもバレずに借りる方法ってある?


銀行vs消費者金融!おすすめはどっち?

リアル体験談!実際はどうやって借りたらいい?

カードローンで借りてみた実際にカードローンで借りてみた!

レイクやみずほ銀行など、口コミでも評判のいいカードローンを実際に利用してきました♪申込みや審査、融資から返済に至るまでの全工程をレポートします!


このページの先頭へ戻る