モビットatmの場所・営業時間・手数料まとめ!

自営業の人はサラリーマンや公務員とは違って、決まった日に決まった給料が振り込まれてくるわけではないので、どうしても取引先への支払うお金が足りないことがあります。
普段からいざという時のために貯金をしっかりしていれば問題ないですが、中にはいろんな都合で貯金ができない人もいます。
そんな人が利用すると便利なのが、金融機関からキャッシングする方法です。
キャッシングできるカードを一枚持っているだけで、真夜中や旅先でもatmから簡単にお金を借りることができるのでとても助かります。
金融機関への申し込みをどこにするか迷いますが、忙しくてなかなか店舗まで行けない人は、WEB完結ができるモビットが便利です。
モビットのWEB完結ならば、会社への電話連絡がなかったり、自宅への郵便物の配達がないので、職場の人や家族にバレる心配がいりません。
モビットのWEB完結ならば、即日融資もできるので急いでお金が必要な人には人気です。
ただし即日融資を受けるには、審査通過後の振込手続きを平日の14時50分までに完了しておく必要があります。
審査をスムーズにおこなうためには、必要書類を確認して用意しておくことが大事です。
モビットの融資方法は、指定口座に振り込む方法と提携atmからキャッシングする方法があります。
返済方法は、atm返済と口座引落しがあります。
返済日は、5日、15日、25日、末日から選べるので、自分の都合にあわせて返済日を選ぶといいでしょう。

大手の消費者金融であるモビットは、自社でatmを持っていませんが、提携しているatmが豊富にあるため、カードさえ持っていれば、全国のあらゆるコンビニや銀行などで借り入れや返済をすることができます。そのため、急にお金が必要になった場合でも、近くにコンビニや銀行があれば、すぐにお金を借りられます。atmの操作方法は、基本的には銀行のキャッシュカードとほぼ同じ操作ですが、振込先がモビットに限定されているので、カードを挿入して、借入、返済の手続きをするだけとなります。その点では銀行のキャッシュカードより簡単になります。このように、かなり魅力的な利点がいくつかありますが、注意しなければならないこともあります。モビットは、借入時にも返済時にも手数料が発生します。モビットでは、1万円以下の取引ならば108円、1万円を超える取引ならば216円の手数料が発生します。1回で支払う金額はわずかですが、返済を複数回に分けて行えば、その回数分だけ手数料を払う必要があります。しかし、中には他行への振込手数料が無料の銀行もあります。その場合、何らかの条件がある場合が多いですが、その条件をクリアしていて、少しでも返済の負担を減らしたいのならば、その銀行を利用するようにしましょう。また、設置場所によってatmを利用できる時間帯が異なる場合があるため、返済時に延滞を防ぐために、時間帯を確認して、余裕を持って返済しましょう。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む

失敗しない!カードローン選びレッスン

申し込みに必要な情報を知りたい!

カードローン、キャッシングとは?


店頭だけじゃない!いろんな「申込方法」


返済方法選びで損しないために


メリットいろいろ♪少額借入で上手に借りる!


誰にもバレずに借りる方法ってある?


銀行vs消費者金融!おすすめはどっち?

リアル体験談!実際はどうやって借りたらいい?

カードローンで借りてみた実際にカードローンで借りてみた!

レイクやみずほ銀行など、口コミでも評判のいいカードローンを実際に利用してきました♪申込みや審査、融資から返済に至るまでの全工程をレポートします!


このページの先頭へ戻る