みずほ銀行カードローン|店舗申込から融資まで完全ガイド

銀行系のカードローンの中でも人気が高いみずほ銀行カードローンは、金利の低さや借入限度額の高さ、ほかの金融商品と合わせるとお得になるサービスなどで定評があります。消費者金融のように怖いイメージがなく、銀行系なのに誰でも申し込みができて敷居が高くないので初めてカードローンを利用する人でも安心感があります。

みずほ銀行カードローンの申し込みは全国のみずほ銀行の店舗で簡単にできます。事前に予約をしておけばスムーズに申し込みを進められます。来店するときは本人確認のできる書類が必要なので、運転免許証やパスポート、住民票などを忘れないようにしましょう。年収の確認もできるように、源泉徴収票や住民税決定通知書なども必要ですが、利用限度額が200万円以下の場合はなくても大丈夫です。契約のための印鑑も持っていきましょう。店舗で無事に審査を通過することができればその場でカードを発行してもらい、融資を受けられます。すでにみずほ銀行に口座を持っている場合はキャッシュカードでカードローンを受けることができるので手続きが更に簡単です。

店舗は平日しか営業していないので、休みの日や営業時間外にみずほ銀行カードローンの申し込みをするならオンラインが便利です。オンラインでフォームを送信しておけば、後で店舗にカードを受け取りに行くだけでキャッシングができるようになるので急いでいるときや、営業時間に来店できない人でも簡単にみずほ銀行カードローンを利用できるようになります。

借り入れをする場合に、それをするのはみずほ銀行カードローンを希望する人は多いのです。銀行で借り入れることは自分の経済的な計画がきちんと立てられる証拠でもあります。
それで窓口に行くのですが、みずほ銀行カードローンを取り扱っていない店舗もあるのでそれは確認が必要になります。また、店舗により取り扱う際の条件も違う場合もあります。
取り扱っている窓口へ行く時には本人確認が必要なので、それができるもののコピーが一通要ります。
それには、運転免許証、運転経歴証明書、写真及び住所のページのパスポート、健康保険証、発行後3ヶ月以内の印鑑証明書、住民票、そして、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書のいずれか一通、それには住所、氏名および生年月日が記されているものです。
また、みずほ銀行カードローンで融資を受ける人の年収が確認できるコピーが一通必要です。希望の融資限度額が200万円以下の場合には不要です。
源泉徴収票、住民税決定通知書または課税証明書、納税証明書などになります。印鑑も必要です。
店舗で申し込み時に記載された内容に基づいて、みずほ銀行ならびに保証会社による審査も行われます。
審査の結果、融資可能となった場合には手続き完了後1週間?2週間でみずほ銀行カードローンの専用カードが届きます。
それでATMで利用できます。返済は自動引き落としの方法と自分の都合に合わせてATMから返済ができます。どちらの場合も返済用普通口座からの引き落としになります。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む

失敗しない!カードローン選びレッスン

申し込みに必要な情報を知りたい!

カードローン、キャッシングとは?


店頭だけじゃない!いろんな「申込方法」


返済方法選びで損しないために


メリットいろいろ♪少額借入で上手に借りる!


誰にもバレずに借りる方法ってある?


銀行vs消費者金融!おすすめはどっち?

リアル体験談!実際はどうやって借りたらいい?

カードローンで借りてみた実際にカードローンで借りてみた!

レイクやみずほ銀行など、口コミでも評判のいいカードローンを実際に利用してきました♪申込みや審査、融資から返済に至るまでの全工程をレポートします!


このページの先頭へ戻る